2015年が幕を閉じ、2016年が始まりました。

昨年の弊社の売上高は約10%増加しました。今後も会社規模を拡大することなく、長期(通常5~10年)に渡りお付き合いできる顧客企業やパートナーを選んで行く所存です。

昨年は約20社向けにFCPI(「技術革新投資ファンド」)の投資対象となるための適格ラベルの申請書類を作成し、RadGraitec GroupHi-Media の子会社と言った新たな顧客や、 Xange/Siparex との新規契約を獲得しています。そのほか昨年も、40社を超える企業様より引き続きご信頼をいただいきました。

アジアに向けた業務では、常に日本、中国、韓国でのテクノロジーのトレンドウォッチやマーケティングを続けています。公的融資の取得に関するコーチング業務も精力的に展開しており、スキルにおいて高い評価を得ております。